健康促進

自分のお腹が出ている事に気が付いたのが数年前でした。
旅行へ行った時のビデオを見て、自分のお腹が揺れているのにショックを受けました。
そういえばその頃、靴を履くのに前かがみになる時には、
「うっ」と息を止めて力を入れないといけないときがある事を思い出しました。

 

そこで始めたのが「食事、特に間食を減らす」ことと「ウォーキング」でした。
初めは「ビリーのブートキャンプ」とかいうはやりのDVDを中古店で買いそろえ、
真似して運動していた時期もありました。

 

しかし、あれは真似をして運動すること自体が難しく、
また、あまり今まで運動していなかったものがすると、一回しただけで体のあちこちが痛くなり、
三日ほど休まなければできないというも情けないことになってしまっていました。

 

という事で今も続けているのが、
上に書いた「食事を少し減らす」事と「ウォーキング」です。

 

毎日買い物へ行く時にわざと遠回りをして、早足で大股を意識し、
体をひねる事を考えながら歩いていました。結果は少しずつではありましたが体重も落ち、
うつむいて自分の足元がおなかの邪魔が無くなって見えるようになってきました。

 

ところが「ウォーキング」は、いつも同じ道ばかりを歩いているとだんだん飽きてきて、
「面倒くさい」と思うようになってきてしまいます。そこで新しく覚えたのが「ファルトレク」という方法でした。

 

たまたま娘が見ていた「バスケットボールをテーマにしたアニメ」の中で、
「やがいのいろいろな地形を歩いたり走ったりすることで、質のいい筋肉がつく」という話が出てきていました。
それを聞いて早速やってみる事にしました。

 

と言っても近くに山や野原はありません。
そこでわざと遠回りをして、公園を通り、わざと道ではない回り間坂道の部分や石段になっているところ、
気が植わっている場所やでこぼこ道をなどを選んで歩くようにしてみました。

 

なかなか運動量があり、足に力を入れていないとすべるようなこともあり、
「しっかり運動している」という気分にもなれます。また、いつもと違う所を探して歩くという事で
いつも新鮮な気持ちで「探検気分」で運動ができています。

 

何とかあと4キロほど減らして、昔見えていた「腹筋の割れ目の筋」が
見えるようになりたいと今も毎日ガンバっています。

続きを読む≫ 2014/12/24 21:27:24

毎日の疲れを取る事は健康のためにはとても重要な事なのですが、
中でも早寝早起きと言うのは習慣にする事で健康に繋がります。

 

夜型人間と言うのもかなり多いのですが、人間は夜寝て朝起きるという生活が
基本でもあるので出来るだけ夜は早く就寝することが健康のためには良いのです。

 

特に夜の10時から夜中の2時までの間と言うのは重要な時間帯なのですが、
何故重要なのかと言えばこの時間帯にしっかり寝ている事で成長ホルモンが分泌されるのです。

 

別名若返りホルモンとも呼ばれているほど
アンチエイジングや健康に密接な関わりのあるホルモンなのですが、
日中に傷ついた細胞の修復や疲れを取る事はもちろん翌日のパワーの源にもなるので、
この時間帯に起きていると翌日も頭がぼーっとしたり身体の疲れが抜けないと言う事になります。

 

どうしても上手く寝付けないと言う場合は、軽くアルコールを飲む事も有効なのですが、
夜はパソコンを触らないと言う事やストレッチやヨガなど軽い運動をするのも効果的です。

 

また朝も出来るだけ6時頃には起きる習慣をつけることが大事なのですが、
朝太陽の光をしっかり浴びる事で体内時計が正常になるので
夜も自然と眠りにつく事が出来るようになります。

 

さらに朝からテキパキと動く事で一日を通して身体も健康で居られるのですが、
心も明るくなれるので早寝早起きと言うのは健康にとても良いのです。

 

簡単に誰でも出来る方法なので、
夜も早めに用事を済ませて眠ると言う事を心掛ける事が大事です。

続きを読む≫ 2013/10/30 19:55:30

私の独自の健康法は、毎日同じ時間に起きること、三食きちんと食べること、
寝る四時間前には何も食べないこと、お風呂は早めに済ませておくことで安眠を促すことです。

 

このように羅列すると、守らなければならないことがたくさんあるように思いますが、
ひとつひとつを見てみると、さほど大したことはしていません。

 

慣れるまで大変だったのは、起床時間です。
今までは、平日は早起きして、予定のない休日は、昼過ぎまで寝たりしていました。
そうすると、朝食も食べませんし、夜もなかなか眠くならずに、夜更かししてしまいます。

 

夜更かしすると、小腹が空いてしまい、
夜中にカップ麺やお菓子を食べてしまうこともありました。
これは、不健康を招く要因になります。

 

私は、最初に述べたことを守ってからは、肌荒れが直りました。
そして、腸のリズムが取れるようになったのか、便秘まで良くなりました。
便秘の調子が良くなると、肌荒れはますます改善されました。
疲れやすかったのもなくなったので、たぶん肝機能も改善されたんだと思います。

 

そして、朝食をきちんと食べ、夜食をやめたことで、体重も減っていきました。
特に、過激なダイエットをしているわけでもないので、リバウンドの心配もありません。
ほんの少し、健康に気をつけるだけで、体に良いことはたくさんあるのだと感じました。

 

まあ私自身が編み出したなんて題名で書きましたが、当たり前のことばかりですけどね。

続きを読む≫ 2013/10/19 22:18:19

運動不足解消や、ダイエットなどのために、ヨガを始める人が増えています。
ヨガは、普段動かさない体のあらゆる部分を思い切り伸ばすことができるので、
体の柔軟性を高め、血行も良くしてくれます。

 

正しい呼吸を意識しながら全身の筋肉を使うことによって、
インナーマッスルも鍛えられるので、ダイエット効果や、体型改善効果も高いのです。
リラックス効果も高いので、ストレス発散にもなり、健康法として世界中で広まっています。

 

中でも、効果が高いと言われているのがホットヨガです。
ホットヨガでは、人間の体の筋肉が最も柔らかく、
伸縮しやすくなる温度と湿度に設定された環境の中で行うヨガです。

 

高温多湿な場所で行うので、発汗作用もアップし、デトックス効果もあります。
日常生活の中で、たくさん汗をかくことも少ないので、たまにやるととても気持ちの良いものです。

 

40度弱の温度の中でのヨガは、体全身を温めたまま血行促進をしてくれるので、
肩こりや冷え症の改善にも効果抜群です。

 

ヨガもやったことないのにホットヨガは不安だという人のために、
最近では初心者向けのホットヨガクラスも増えています。

 

毎日仕事で運動の時間が取れない人にも、
週末思い切り汗をかいて健康維持する方法として、ホットヨガはとても効率の良い健康法と言えます。

続きを読む≫ 2013/10/19 22:16:19

青竹踏みといえば何となく年寄くさいイメージがありますが、
実は体にとてもいい効果をもたらしてくれる健康法なんです。

 

「足は第二の心臓」と言われるほど体にとって重要な部分です。
足は心臓から一番遠い部分なので、血液がたまりやすくなります。

 

青竹踏みをすることによって足裏が刺激され、
滞っていた血液の流れがスムーズになり、
その結果むくみや足の疲労が軽減されるんです。

 

足が特に疲れている場合は土踏まずを中心に刺激してみてください。
土踏まずは普段刺激されることがない部分なので血流が滞りやすいんです。
また、就寝前に青竹踏みをすると血流がよくなり、質の良い睡眠がとれるようになります。

 

足先が冷えて眠れないという方は就寝前に青竹踏みを試してみてください。
使用する青竹ですが、100円で売っているプラスチックのものより、
本物の竹のほうがより効果があります。通販で500円ほどで売っています。

 

痛くて踏めない場合は何かにつかまりながら踏むといいでしょう。
最初のうちは一日5分から10分を目安に、慣れてきたら徐々に時間を増やしてください。

 

ただし、やりすぎは逆効果なので痛みを感じたら中止するようにしましょう。
場所もとらずお金もかからない青竹踏みは手軽な健康法としておすすめですよ。

続きを読む≫ 2013/10/19 22:14:19